派遣型救急ワークステーション事業

 平成31年4月15日から、伊勢原市消防署の救急隊1隊を東海大学医学部付属病院へ派遣し、救急救命士の病院実習を行いながら救急対応する「派遣型救急ワークステーション事業」を開始しました。

派遣型救急ワークステーションとは

 伊勢原消防所属の救急隊員1隊が救命センター内に待機し、入電内容で重症と判断された場合に救急隊員に加えて、当院の救急医と救急看護師が同時に出動し現場に出動します。早期に治療介入をおこなうことで救命率をあげていきます。入電内容で重症と判断するために、あらかじめキーワードを決めています。たとえば「意識がない」「呼吸をしていない」などのキーワードがあれば重症と判断します。


Copyright(C) 2019 Tokai University All Reserved Powered by EMS